*家族主義車スタイル*

familizoom-zoomとはfamilism(家族主義)とzoom-zoomを組み合わせた造語です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「JIN-仁-」終わっちゃいましたね…(寂)
22:10を過ぎた辺りから「これまでの伏線が全く持って明らかになってないじゃんかー!」と
かなり焦りつつ、終始時計とにらめっこしながら見ていた私でした…(照)
そして、案の定というか伏線が明らかになることはなく、仁の『アイタタ…』という場面へと。
若干イラッと感が芽生え始めていた私でしたが、この『アイタタ…』という仁の台詞を聞いて、
「うん、まあ、こういう終わり方もアリかもねぇ~!」と一瞬納得し掛けました。
(原作漫画がまだ連載中ということもありましたし…)
しかーし、そう思ったのも束の間、最後の最後で『えっ?』っていう含み台詞は何なの?
こっちこそ『えっ?』状態になっちゃたし…(苦笑)

はい、このラストを見てカシュオさんの神妙な顔が浮かびました(笑)

以下は全て想像です。
このラストはテレビ局の商売的な理由が大きいのだと思います。
テレビ番組のことは知りませんが、番組制作の時には予め放映回数が決められているのだと思います(後続の番組制作のこともあるし)。そこに予想外(?)の大ヒット!当然商売的にも新番組よりリスクのない続編を作る事になります(最近の映画も続編ばかり)。そうなると続編への含みを持たせていた方が良い訳ですね。
それが今回のラストだと思いますね。
つまり、今回は「JIN-仁-(第1章 野風編)」が終了したということです。
だから、番組入れ替えの来春(?)には第2章が始まるかもしれません(出演者のスケジュール調整でずれるかもしれませんが)。

ただ続編って、制作者側の変な欲が出てしまい失敗することが多いので、その点だけが心配です。

さて、私の予想は当たるか外れるか、どうでしょうねえ~

Posted by ぼの at 2009.12.21 11:35 #RXDep47Y [ 編集 ]


> ぼのさん

コメントありがとうございます。

ぼのさんのおっしゃる通りこれがTBSの商魂なんでしょうねえ~。
まあ、赤字を抱える企業として「(商売になる)続編」へ含みを持たせるのは
百歩譲って理解できるのですが、もうちょっとどうにかならなかったものかなあ~?
「高視聴率に色気付いて最終回の脚本を変えた」という噂は信じたくありませんが、
あの終わり方を見たらそれを全面否定することはできません…。
思えばここ3・4回ほどストーリーにセンスが感じられない場面が多かったような…。
特に最終回「野風の手術シーンでの咲vs悪役」の場面はセンスの欠片もなし!

TV連ドラ如きに感情剥き出しにするのはどうかとも思いますが、
ここ20年程、連ドラ類(っていうかTV自体)を殆ど見なくなった私なのに、
この「JIN-仁-」というドラマには信じられないくらい嵌りました。
元々タイムスリップモノや時代劇好きなのでツボに入ったのでしょうが、
世の高視聴率から「それ以上の何か(訴えてくるもの)」があったのだと思います。
だからこそ、最後の最後の『えっ?』には本当に失望しているのですよ…(悔)

でも、このドラマ自体を全て否定する気はありません!
だって毎週楽しみにしていた自分を否定してしまうことになりますから…(苦笑)
私はすっきりしないと気が済まない性質の人間なので納得行っておりませんが、
この最終回に納得している人はおそらくいることでしょうし…。

ぼのさんは(野風編)と捉えましたか…。
私はこの最終回でひとつ区切るとするならば(ミキ編)と捉えます。
仮に続編があるとするならば野風の出番は少なからずあるとは思うのですが、
ミキはもう仁の知り得ているミキではなくなってしまっているので、
今回の最終回で完結していると感じることができましたので…。

まあ、もし「続編」があるとするならば、こんなふうに冷め切ってしまった私を、
最後の最後で今度は逆に裏切ってみてくださいよ、TBS!(笑)
しかし、前にも申し上げたように商魂丸出しの映画だけはゴメンですから…。

Posted by カシュオ at 2009.12.21 18:47 #tTDXfVNc [ 編集 ]


>以下は全て想像です。
真実だと思います(笑)
べろりんさんも、きっと怒ってらっしゃる??(笑)

僕の感想は・・・
回後半、若干間延び感。最後の最後『えっ?』の余計(不要)なシーン。気になるところはありましたが・・・
総合的に見れば、面白いドラマだ(った)と思うので、
許します(笑)

Posted by おげる at 2009.12.22 00:02 #ehuBx04E [ 編集 ]


> おげるさん

職場の連中と「仁の反省会」をしていたもので今帰宅した次第です…(笑)

さすが、おげるさんは懐が深いですねえ~!(感服)
確かに総合的に見ればとてつもなく面白いドラマでしたよね!
だからこそあれだけの高視聴率を叩き出したのでしょうし。
私は了見が狭いのか、どうも場当たり的に批判してしまったりして…(照)
ドラマの素材としては物凄く良いものだと思っておりますから、
もし続編をつくるのなら今回の高視聴率に甘えず丁寧につくって欲しいものです。

Posted by カシュオ at 2009.12.22 01:34 #tTDXfVNc [ 編集 ]


呼ばれて飛び出て、、、遅い(苦笑)!

えー、、、私は全話を視聴しておりませんので、
この件に関してはおとなしくしております(笑)。

ただ、「サントラ買ってもイイかも!」と思っていた気持ちが失せたという事は、間違いないでありんす。

あの終わり方は、再放送でハマったドラマ、
『光とともに・・・ ~自閉症児を抱えて~』を思い出しました。
続編が作られればモヤモヤが治まりそうな気もしますが、
できれば一作で完結してほしかった。

検索しても監督が出てこない(三人?演出?)、のが気になりました。
どう作っていたんでしょうね?

ただ、画はキレイでしたねぇー。
時代劇らしくない、とってもくっきりとした色使いの画で、
ワンカットワンカットが観ていてとても気持ちよかったです。


一時期、(映画)配給元の意に反する形での“ディレクターズカット”って多かったですが、
もしあるのなら、そういうのを観たい気もしますね。
原作未完なのがネックなのかなぁー、、、。

以上、
今でも時折、チャリン♪という音が聞こえてしまう、べろりんでした(笑)。

Posted by べろりん at 2009.12.25 09:50 #NBJXHR3U [ 編集 ]


> べろりんさん

お出でなんし…(爆)

視聴率がよろしくなかったら一作で完結したかもしれませんね!
私にはその方が幸せだったのかもしれません…(苦笑)

JINでは「脚本家・演出家・プロデューサー」の名は確認できますが、
おっしゃる通り「監督」の名は出てきませんねえ~?
そもそも最近のこの手のドラマに監督っているもんなんですかね?

確かに画はキレイでした!CGもさすがでした!
しかし、最後の最後が…(しつこい)

Posted by カシュオ at 2009.12.25 12:46 #tTDXfVNc [ 編集 ]


アメリカなら、間違いなく2ndシーズンに向けての終わり方ですが、どうなのでしょうねぇ。日本の場合、ドラマをシーズンでつなげていくという発想が、まだ薄いですからね。ERは15シーズンまで続きましたが(日本で今、14シーズン目を放送中)、シーズンの切れ目はいつもとんでもない終わり方で、半年待たされました(笑)
ちなみに、アメリカのドラマの場合は、プロデューサや演出は固定している事が多い(シーズンで代わることはたまにある)のですが、脚本や監督は、「話」ごとに異なる事がよくあります。





Posted by 仲通り at 2009.12.29 23:08 #kHmSEWWs [ 編集 ]


> 仲通りさん

確かに続きがなけりゃおかし過ぎる終わり方でしたよね?(苦笑)
そのアメリカ方式(ドラマをシーズンでつなげていく手法)を
取ってくれるのであれば、私個人的にはかなりウエルカムです!
要は「続きは映画で!」っていう手法(これが日本方式?)が
どうにも胡散臭く、また腹立たしく感じてしまうのですよ…。

Posted by カシュオ at 2009.12.30 09:53 #tTDXfVNc [ 編集 ]












トラックバックURL↓
http://familizoomzoom.blog13.fc2.com/tb.php/1147-ce122192

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。