*家族主義車スタイル*

familizoom-zoomとはfamilism(家族主義)とzoom-zoomを組み合わせた造語です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本日、母校の4回戦を観戦してまいりました…。
結果は…、負けてしまいました…(泣)
でも、ホント紙一重の惜敗だったのですよ…(悔)

本日の東東京では「修徳vs岩倉」が絶好のカードでしたね!
通年、4回戦ではまだ当たらないようなカードですが、
今年は修徳が謹慎(対外試合禁止)開けのノーシードからの
出場だったために、この段階での対決となったのです。
結果は3-2で岩倉の勝利!ん~、さぞかし好ゲームだったのでしょう!

埼玉では古豪上尾が負けてしまいました…(残念)
私の中では、千葉で言うところの習志野が埼玉では上尾なんですよ。
5-4という点差は実に上尾らしいと私は思ってしまいました。
1974年、名将野本監督の下、甲子園大会ベスト4まで勝ち上がった時、
1回戦から準々決勝までは全て1点差での勝利でした。
そして、準決勝の新居浜商戦は1点差での惜敗…。
上尾は勝つも負けるも「1点差」というイメージが私の中にはあります。
1979年の甲子園大会でも、9回あと一人・あと一球というところで、
波商の牛島(現ベイスターズ監督)にホームランを打たれ同点にされ、
結局、延長戦の末に1点差負けしてしまいましたし…。

本日行われていた秋田・山梨の決勝(代表校決定)も1点差、
しかも両県ともサヨナラゲームだったようですね!
しかし、決勝(代表校決定)でのサヨナラほど劇的なものはありませんね!

今日は何故か「1点差」ということに妙にこだわっているカシュオです…(照)
そう、私の母校も1点差、しかもサヨナラ負けを喫してしまいましたので…(悔)
でも、本当に素晴らしいゲームでした!
これが私の母校でなかったとしてもナイスゲームと思える試合でしたよ。
なんたって、序盤は投手戦、中盤は打撃線、そして終盤にまた緊迫の投手戦。
高校野球で手に汗握る3時間超の試合は久々に見たような気がしますから。


3回戦では大ファインプレーをしたセンターの子(3年生)です。
彼は熱いです!声も一番よく出ていました!(好きです!こういう子)
ただ、今日は「ここぞ!」というところで打ちきれずに、
試合終了後は泣き崩れていた姿がとても印象的でした…(もらい涙)
この写真の時も、終盤2アウト1・3塁のチャンスでしたが…。


主戦のピッチャー(背番号は10)の子(3年生)です。
右の本格派で、基本に忠実な綺麗なフォームがとても印象的です。
浅い回にライナーの打球を足に当て起き上がれずに「ヒヤリ」と
させられましたが、痛みを堪えて途中交代する5回まで投げきりました。


終盤マウンドに上がったピッチャー(背番号11)の子(2年生)です。
まだ粗削りなところもありますが、いい真っ直ぐを持っています。


3回戦の時もアップしましたが、ピンチでの間合いの図。
ただ、今回はこの後抑えられずに…。

さて、2006年の夏はこれで終わってしまったわけですが、
1年生ながらスタメンを張った元気な子が2人いますし、
終盤投げていたピッチャーの子もまだ2年生ですから、
来年・再来年への期待は高まりました!
今年あと一歩のところで成し得る事ができなかった
「ベスト16」入りを是非とも叶えて欲しいと思います。

母校の敗戦は残念でしたね。
私の母校も埼玉県予選で昨日23日に敗れました(涙)

さて、上尾市出身の私としては、上高(あげこう)ネタに食いつかない訳には参りません(以前も書いたかな?・笑)
名将・野本監督率いる上高(あげこう)は、野球少年だった私の夢でもありました。結果的に別の高校に入学し、野球も挫折してしまいましたが・・・。

叶わぬ夢ですが、もしもう一度やり直せるなら、いまだに名将として語り継がれる野本さんの元で野球をやってみたいなぁ。(結構本気・笑)
今年もグランドで数々のドラマが繰り広げられるのでしょうね。楽しみです。

http://www2.asahi.com/koshien/88/chihou/saitama/news/TKY200607050354.html

Posted by サンライトシルバー at 2006.07.24 03:28 #- [ 編集 ]


> サンライトシルバーさん

負けた瞬間は意外とサバサバしてられたのですが、
昨日の夜から「溜息」ばかりついている自分がいたりします…(笑)
なんか暫く「腑抜け状態」が続きそうな予感…。
来週の「安房小湊」でこの傷心を癒してまいります…(笑)

以前サンライトさんとは、上尾高校のお話で盛り上がりましたよね!
互いに高校野球を諦めた者同士、これからも高校野球について
語り合っていきましょうね?(笑)

Posted by カシュオ at 2006.07.24 13:10 #tTDXfVNc [ 編集 ]


自己レス失礼いたします。

母校に勝った学校が、5回戦でシード校を食っちゃいました!(驚)
あ~、こうなると母校の子達にやらせてみたかったなあ~(悔)
なんせ、9回2アウト2ストライクまで勝ってたんだもんなァ~。
「たら・れば」が禁物なのは重々承知しているつもりなのですが、
こんなふうに思ってしまうのは、まだ心の傷が癒えてない証拠ですね…(照)

Posted by カシュオ at 2006.07.25 14:46 #tTDXfVNc [ 編集 ]


カシュオさんへ

母校の敗退残念でしたね。
カシュオさんの母校わかっちゃいました!
東東京ベスト32は私の地元茨城ではベスト16に匹敵するレベルかと思います。
「たら」「れば」を考えるとキリがありません。

私も今年は母校敗退(1回戦5回コールド負け)のショックで、翌日から40度の熱で寝込んでおりました。
負けるとだんだん悔しさが込み上げてきますしね。

上尾高校も古豪復活目指してほしいなあ。
上尾を巣立った優秀な指導者がたくさんいらっしゃいますもんね。
母校に戻って母校を再建する意気込みを持ってほしいですね。

Posted by みなりん at 2006.07.25 15:02 #tTDXfVNc [ 編集 ]


> みなりんさん

レスお待ちしておりました!(笑)

当初は、私の母校がなるべくわからないようにと、
いろいろ考えながら記事を書いていたつもりだったのですが、
あまりの悔しさからか、気付いた時には「かなり踏み込んだ記事」
になっちゃってました…(汗)
書き直そうかとも思ったのですが、もうそんな気力も残ってなく、
「もういいや!えい!」って感じでアップした次第です…(照)

結局、今年はベスト32止まりでしたが、ここまで来られたのは、
やはり組み合わせのクジ運もあったかと思います。
うちのブロックは絶対的な強豪校がいなかったですから…。
でも、うちと大接戦を行った学校が、その後「第一シード校」を
破ったとなると、やはり実力でのベスト32だったのかなとも思います。
ということで来年に期待します!(って1年長いなあ~?・笑)

上尾高校も、私が高3の時から甲子園はご無沙汰してますね!
かれこれ20年以上も経ってしまったのですねえ~(耽)
埼玉は「公立」一辺倒でしたが、その年を境に「私学」が幅を
利かせる時代へと突入しました!(翌年立教、翌々年浦学)
今年、私が推している公立の「鷲宮」は勝ちつづけております。
夏初出場、是非とも叶えて欲しいと願っています。

Posted by カシュオ at 2006.07.25 15:21 #tTDXfVNc [ 編集 ]












トラックバックURL↓
http://familizoomzoom.blog13.fc2.com/tb.php/703-96d24f4e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。